丸太筋工法

法面(斜面)の雨水を分散して表面侵食を防止し、凍上、凍結融解による地表の滑落を防止する工法です。

工法特長

  1. 法面を分割して…
     雨水を分散し、表面土壌の侵食を防止
     凍上、凍結融解による地表面の滑落を防止
     緑化基盤土壌を保護
  2. 間伐材の有効利用(中目材の割材でも可)
  3. 樹木育成に有効

工法説明

 

法面清掃を行った後、法面に平行して丸太伏込みのための簡単な溝切付けを行い、溝に合わせて丸太(末口径6~12㎝)を伏せ、 アンカーピン(径16×長さ400~600㎜程)を打込み固定します。

丸太筋間の斜面にPMC工法を施工した後、丸太筋上部に苗木植栽を行います。

PMC工法と同様に、植生工で法面保護が可能な個所を対象とし、山腹崩壊斜面や道路切土法面に適用できます。

丸太筋工の特長
※クリックで拡大